✿タオル掛けを作りました✿

地域包括支援センターの越野と濱崎です。

今日は私たちが活動している介護予防教室のご紹介をさせていただきます。

地域の方を対象に声掛けを行い、介護予防教室を行っています。

介護予防教室は簡単に言うと、脳トレや指先を使い、参加者同士、隣の人同士が楽しい時間を過ごし

認知症予防、介護予防を目的としている活動です☆彡

 

今回はフェルトでバラのタオル掛けを作っちゃいました

手作りとは思えないぐらいの素敵なタオル掛けです!

出来上がりを参加者の皆さんに、最初見てもらった時には「わー!かわいい」とおしゃってもらいました。

でも、そのあとに「できるかな?」という不安そうな参加者もおられました💦

 

では、さっそく作っていきます!

最初は切り分けておいたフェルトを、ボンドを付けながらクルクルと巻いていきました!

私たち職員も、皆さんの輪に入って一緒に作らせていただきました。

 

 

皆さんだんだんと、コツをつかんでいき、

「強く巻いたら小さなつぼみ、ゆるく巻いたら大きな花になるね~」っと巻き方を工夫されていました。

 

 

バラが出来上がり、いよいよ飾りつけです🌹

バラを飾る位置で雰囲気が変わるので、どこに何色を飾るか皆さんイメージをしながら作品に取り組まれていました!

 

 

じゃじゃーん!

ついに完成しました

 

バラのタオル掛け

 

「さっそく帰ったら飾ります。」と笑顔で仰られ、皆さんにとても喜んでいただけました。

 

これからも、このような介護予防教室を行っていきますので、是非ご参加ください。

 

お問い合わせは、地域包括支援センター アーバンケア島之内 

072-960-6072 まで

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です