訪問介護って何?

令和元年 おめでとうございます。

史上初の10連休のゴールデンウイークはどう過ごされておられますか。

今回は介護保険の中の訪問介護のサービスを紹介させて頂きます。

訪問介護とは、訪問介護員が介護が必要な方の自宅を訪問し、日常生活の援助を行う仕事です。
決められた時間に自宅を訪問し必要な介護サービスを行います。

 

ケアマネジャーは利用者と家族と面談の上、情報を基にどのようなサービスが
必要かを盛り込みケアプランを作成します。
その後訪問介護事業所と契約を結びサービスが開始されます。

訪問介護は身体介助と生活援助の2種類に分けることができます。
身体介助では身体に直接触れる行為として排泄や食事、衣類の着脱、入浴などがあります。

また利用者と一緒に病院に行き移動や受診の手続きをする通院介助があります。

                                              

生活援助では掃除、洗濯、調理、買い物などの家事援助があります。

これからも要支援、要介護の高齢者の方が自立した在宅生活を送って頂ける為のサポートをします。
何か分からない事がありましたらいつでもケアマネジャーにご相談下さい。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です