消防訓練です☆彡

地域包括支援センターの濱崎、越野です。

今日は年に2回の消防訓練の日でした 🚒

 

消防署から消防士の方が、3名来てくれました!

消防訓練

今回は夜間設定で行いました。

通報を行う宿直が説明を受けた後、

消防訓練いざ、消防訓練です!

消防訓練当直者と夜勤者に分かれての訓練です。

 

火事発見 👀

火事が起こっている階に連絡 

消防訓練初期消火!

消防訓練失敗・・・ (-_-;)

 

入所者様の安否確認、誘導!

同時に消防に連絡 ☎

消防訓練

この時、入所者様の人数、施設の住所などは

すぐに言えるようになっておく必要があります。

 

消防訓練終了後は、消防士による総評です!

消防訓練

 

消防訓練の後、消化器の使用方法や実践の説明を受けました。

消防訓練

消火器は勢いがあるので、しっかり持っていないと的にあたりません。

消防訓練

 

火災の通報時に消防に伝える内容は、

出火場所がどこなのか、何が燃えているのか、

建物内に何人いるのか、各階に何人いるのか、

何人避難できていて、何人残されているのか、

などがあります。

訓練でも焦ってしまって、伝えられないことがあります。

実際の火災では、もっと焦ってしまうと思います。

 

毎回消防訓練に参加していますが、

消防訓練を行う度に、再確認ができ、改善すべき点も見えてきます。

 

消防士の方から、

火災の原因について、今までは第一位は放火でしたが、

今はコンロからの出火が第一位になっていると聞きました。

火の消し忘れや引火などがあるそうです。

放火についても、今でも火災の原因としては第二位です。

建物周囲に燃えやすいものがあると放火される可能性があるので、

燃えやすいものは置かないようにとお話がありました。

消防訓練

いざという時に、慌てず落ち着いて行動できるかが、入居者様、利用者様の安全を守ることに繋がります。

今回も日頃から正しい防災の知識を持ち、予防することの大切さを学ばせていただきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です