キャラバン・メイト養成研修

先日、東大阪市のキャラバン・メイト養成研修がありました。

 

この研修は、認知症サポーター養成講座の講師役になる為の研修です。

 

アーバンケア島之内では、これまで認知症サポーター養成研修をたくさん実施しています。

地域の方々や企業の方を対象にした認知症サポーター養成講座、小学生向けの認知症キッズサポーター養成講座、中学生向けの認知症ジュニアサポーター養成講座です。

 

地域包括支援センターの職員5名のうち、3名がキャラバン・メイトでしたが、今回の研修で地域包括支援センターの5名全員が、キャラバン・メイトになりました。

 

キャラバンメイト

 

これから、地域の方々、大人から子供まで、様々な方に認知症サポーター養成講座を受講していただけたらいいなと思っています。

今は全国的に新型コロナの感染者数が増加しています。

認知症サポーター養成講座についても、感染予防策のことも考えて開催しなければいけません。

講座開催の際には、しっかりと感染予防策を取りながら、開催できればと考えています。

 

自粛生活、行動変容、新しい生活様式、、、

様々な情報が行き交う中、私たちの生活は日々変化しています。

当たり前だったことが当たり前でなくなり、マスク着用など新たに当たり前になったこともたくさんあります。

そんな中、不安な日々を過ごしておられる方もいるかもしれません。

 

どのような方であっても安心して暮らせるまちになるよう、地域包括支援センターとして頑張っていきたいと思っています。

 

地域包括支援センターは、介護・医療・保健・福祉などの側面から高齢者を支える「総合相談窓口」です。

専門知識を持った職員が、高齢者が住み慣れた地域で生活できるように介護サービスや介護予防サービス、保健福祉サービス、日常生活支援などの相談に応じています。

 

「どこに相談したらいいのかわからなかった。」

「介護保険のサービスの使い方を知らない。」

といった声を聞くことも、まだまだあります。

お困りのこと、不安なことがあれば、まずは地域包括支援センターにご相談ください。

 

連絡先

地域包括支援センター アーバンケア島之内

住所:東大阪市吉田本町1-10-13

TEL:072-960-6072

FAX:072-960-6080

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です