多職種連携会議を開催しました。

地域包括支援センターの濱崎と越野です。

令和2年度 第1回の多職種連携会議を開催しました!

ずっと開催できなかった会議を、英田北公民分館北分室で行うことが出来ました!

 

多職種連携会議は、東大阪市民の方が可能な限り住み慣れた自宅や地域で日常生活が継続できるように、多職種が協働し、地域において継続的に在宅医療・介護が提供できる地域包括ケアシステムの構築を目指すことです。

なんとなくわかりづらいですよね (*’▽’)

簡単に言うと、顔の見える関係の構築

多職種間での情報共有って感じです!

 

今回は・医療関係者 ・介護関係者 ・関係行政機関のみなさん、16名の方が参加していただきました。

多職種多職種多職種

みなさんには、検温と手指消毒をしてもらいました。

会議では、コロナで緊急事態宣言中の状況や経過、現在の状態の情報共有をしました。

みなさん、様々な工夫をしながらコロナと戦っていました。

まだまだ続くとは思いますが頑張って行きましょう (^^)/

 

ずっと換気が必要とはいえ、西日が強く入る中で暑かったと思いますが、参加していただきありがとうございました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です