冬至~「ん」のつく食べ物

こんにちは!

管理栄養士の岸本です!

 

本日は、「冬至」です!

冬至とは、1年の中で1番昼の短い日です。

12月22日になることが多いようですが、今年のように閏年だと12月21日になるようです。

 

冬至には、「ん」のつく食べ物を食べると「運がつく」とされています。

南瓜、人参、大根、こんにゃくなどですね!

アーバンケア島之内でも、献立に「ん」のつく食べ物を取り入れました✨

・ほうとううどん

うどん、南瓜、人参、大根

・レンコンとこんにゃくの金平

レンコン、こんにゃく、インゲン

 

これでばっちり、たくさんの運を取り込みましたよ✨

 

ちなみに、「ん」のつく食べ物とされていますが、これらは免疫力を向上させ、体調を整える働きのある食べ物なんです。

 

・南瓜:ビタミンA,Eを多く含み免疫力を向上。食物繊維でお腹のお掃除🧹

・人参:ビタミンAが極めて多く含まれる

・大根:ビタミンCを含む

・レンコン:食物繊維でお腹のお掃除と乳酸菌の働きを助ける

・こんにゃく:おなかのお掃除、体を温めてくれる

 

免疫力を向上させ、体調を整える働きのある食べ物を食べ、素敵な新年を迎えられるようにしているんですね!

昔の人は良く考えていますよね~

古き良き知恵・・・

これをしっかりと受け継いでいきたいですね!!

 

また、柚子湯に入る習慣もありますね!これにも意味があるようです!

アーバンケア島之内では、柚子湯の足湯もしたようです♨

また、紹介があると思いますのでお楽しみに!

 

Follow me!

前の記事

わたあめ②